パーフェクトバリア充填断熱工法の防露対策

建築物省エネ法対応

建築地域区分と使用部材の透湿抵抗により壁構造を検討する必要があります。
パーフェクトバリアは片面硬化により壁内への湿気の侵入を一旦阻止し、硬化膜を透過した湿気は吸湿しないで外壁通気層にスムーズに排出をする物性により壁体内結露を抑制します。
 繊維系断熱材であるパーフェクトバリアは、防湿シートの施工が基本的には必要ですが、透湿抵抗比と、定常防露判定により、必要条件を満たせば防湿シートを省略することもできます。