ホーム  >  断熱材事業  >  防露対策(屋根)

パーフェクトバリアを使用した屋根構造の透湿抵抗の内外比

建築物省エネ法対応 透湿抵抗比の計算式

 施工地域の気候と部材の透湿抵抗により屋根構造を検討する必要があります。
 パーフェクトバリアは片面硬化により屋根内への湿気の侵入を一旦阻止し、硬化膜を透過した湿気は吸湿しないで屋根通気層にスムーズに排出をする物性により結露を抑制します。


パーフェクトバリア充填断熱工法の防露対策
条件 1     (工学単位 u・h・mmHg/g)
 
       
通気工法
防湿シート有り
断熱性能は
4地区以南
※通気層は18mm以上
    ※壁は13Kロール+遮熱防湿シート        
通気層+外装材   3.6 遮熱(防湿)シート   141    
防風層   0.4 パーフェクトバリア13K厚100mm   2.4    
  ※注1:内部結露がないとされる
        4.0     143.4           透湿抵抗の内外比規定値
                  地域 外:内
    1.0 : 35.9          1・2 1 : 6以上
     すべての地区で結露の心配なし。  
    1 : 4以上
                    5・6 1 : 3以上
                   
条件 2       (工学単位 u・h・mmHg/g)      
通気工法
防湿シート無し
※通気層は18mm以上
 
             
通気層+外装材   3.6 石膏ボード厚9.5mm   0.5    
防風層   0.4 パーフェクトバリア10K厚150mm   3.6    
   
        4.0     4.1   ※壁は13Kロール
                     
    1.0 : 1.0             
     ※注1の透湿抵抗内外比では、防湿シートが必要。      
     注2Aの内部結露計算による判断では、5・6・7地区では、結露しない。      
                       
                       
条件 3       (工学単位 u・h・mmHg/g)      
通気工法
防湿シート無し
※通気層は18mm以上
 
             
通気層+外装材   3.6 石膏ボード厚9.5mm   0.5    
防風層   0.4 パーフェクトバリア13K厚100mm   2.4    
   
        4.0     2.9   ※壁は13Kロール
                     
    1.0 : 0.7             
     ※注1の透湿抵抗内外比では、防湿シートが必要。      
     注2Aの内部結露計算による判断では、5・6・7地区では、結露しない。      
                       
                       

※注2 防湿層の施工を省略できる条件

     @ 透湿抵抗比が規定値以上の場合
     A 内部結露計算により結露の発生の防止に有効な措置が講じられていることが確かめられた場合
     B 床断熱において、断熱材下側が床下に露出する場合又は断熱層下側が湿気の排出を妨げない構成となっている場合
     C コンクリート躯体又は土塗壁の外側に断熱層がある場合
     D 地域の区分が8地区である場合

出典  :  「住宅の省エネルギー基準の解説」   財団法人  建築環境・省エネルギー機構
平成23年11月1日 第3版及びメーカーデータ
※自治体、性能評価機関により判断が異なる場合がありますので、各機関に事前にご相談ください。
※壁内気流の防止措置、防露上必要な気密措置を講じることが条件。




▼ホーム | ▼断熱材ご案内 | ▼断熱材Q&A | ▼お取引・お問い合せ | ▼資料ダウンロード | ▼販売代理店・施工会社 | ▼会社概要 | ▼プライバシーポリシー