ホーム  >  よくいただくご質問  >  よくあるご質問への回答

ご質問への回答

安全性能について

Question

q1 断熱材の安全性がどうして問題になってきたのでしょうか?

Answer

アスベスト吸引による発ガン性の問題やシックハウスが大きな社会問題となり、機能とコストだけでなく建材の安全性が重要ポイントとなってきました。
シックハウス対策の為、国は建築基準法を改正し、すべての住宅に24時間換気設備の装備を義務付けましたが、そのことがかえって壁・天井内と室内との気圧差を生み、壁・天井内の空気が室内に循環することになりました。見えない断熱材の安全性も重要視されることになってきました。


Question

q2どの断熱材が安全ですか?

Answer

人工鉱物繊維は、アスベスト(天然鉱物繊維)と区別されていますが、繊維径の大小の違いがあるものの基本的には同じ鉱物繊維であり安全性に疑問が残ります。ドイツでは1999年11月に公示された改正危険物政令で取扱が規制されています。その点パーフェクトバリアは、衣料・寝装用にも使用されるポリエステル繊維100%でできており、ポリエステル繊維が肺に吸引して刺さることもありませんし、有害物質を揮発することもありません。世界一安全な断熱材と言えます。


ポリエステル素材について

Question

q3パーフェクトバリアは何からつくられますか?

Answer

パーフェクトバリアはポリエステル100%でつくられています。ポリエステルはPET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂ともいわれ、繊維化するとふとん綿やフリース、シート化するとタマゴパックやペットボトルになります。
パーフェクトバリアは、ペットボトルを回収して粉砕溶解し再繊維化した原料を使用しており、石油原料から作り出す場合の約5分の1のエネルギーで製造しています。


Question

q4パーフェクトバリアの製法はどのようなものですか?

Answer

パーフェクトバリアは、再生ポリエステル繊維にバインダーとして低融点ポリエステル繊維を混入し、両者の融点の中間温度の熱を加え、低融点繊維をとかして繊維どうしを自己融着させて成型しています。接着剤を使用していない為、ホルムアルデヒド等の有害物質の揮発は一切ありません。


環境に関して

Question

q5現場の端材やリサイクルはどうする予定ですか?

Answer

パーフェクトバリアはペットボトルをリサイクルして製造していますが、ポリエステル100%である為、これを再度処理すれば容易に基の繊維にもどすことができ、これを再度利用するリサイクル性を持っています。製品化されて10年程度の為、解体処理による大量の使用済み製品は出ていませんが、将来的には回収してリサイクルする計画です。現場の端材に関しては、間仕切り壁(トイレの内壁・1階/2階の間)に吸音材として使用することをお勧めしています。


Question

q6製造エネルギーに関してはどうですか?

Answer

ペットボトルをリサイクルして新しいポリエステル繊維を作り出すのに必要なエネルギーは、石油原料からポリエステル繊維を作り出す場合の約5分の1です。他の断熱材と比較すると、製造エネルギーが低いとされるセルロースファイバーと比べても1kg当たりの製造エネルギーで約4分の1程度です。又、パーフェクトバリア10kg品でグラスウール16kg品と同等、13kg品でロックウール40kg品と同等の断熱性能があり、断熱効率が非常に高い製品といえます。


断熱性能について

Question

q7住宅の断熱性能は何を基準に比較すればいいのですか?

Answer

住宅の断熱性能を数値で示すものに、熱損失係数(Q値)があります。これは、住宅内外の温度差が1℃あるときに、建物全体から1時間あたり逃げる熱量(熱損失量)を床面積で割った数値です。この数値が小さいほうが、熱が逃げにくく、断熱性能に優れた住宅といえます。


Question

q8熱貫流率と熱抵抗値はどんな数値ですか?

Answer

熱貫流率(K値)とは、住宅の単独部位(壁、天井、床、窓)を対象として断熱性能を表示する場合の数値です。これは、部位ごとの熱の通過しやすさを示す数値で、断熱性に優れた部位ほど、その数値は小さくなります。又、断熱材などの部材単独の断熱性能を表す場合には熱抵抗値(Rc)が用いられます。熱抵抗値は、部材の厚さをその材料の熱伝導率(λ)で割った数値であり、厚みがあり熱伝導率の小さい部材ほど値が大きくなり、断熱性能に優れた部材であるといえます。

熱抵抗値(Rc)=      厚さ(m)
熱伝導率(ラムダ)λ[W/(m・K)]

Question

q9住宅の気密に関する数値はありますか?

Answer

建物の気密性能を示す数値としては、隙間相当面積(C値)があります。これは断熱を行なう外周部位に存在する隙間の面積を合計して、そ の数値を床面積で割った数値にほぼ近い数値となります。計算で求めることはできませんが、気密測定器を用いれば現場測定によって求めることができます。数 値が小さいほど隙間が少なく、気密性能に優れた住宅であるということができます。
次世代省エネルギー基準では、地域ごとに基準値が定められています。
(T・U地域 2cm²/m²以下、III・IV・V地域 5cm²/m²以下)


Question

q10断熱材は何が良いでしょうか?

Answer

世界的に見ても、断熱材の主流は繊維系のグラスウールやロックウールです。これは安価で断熱、吸音性が高い等多くの点で優れているからです。また、発泡系の断熱材は蓄積した水蒸気の放湿はあまり望めませんが、繊維系の断熱材は、透湿性が高い為、放湿効果に優れており、多湿な地域での水蒸気対策にも向いた断熱材といえます。ただし、壁体内の断熱材としては、繊維系の特長を持ちながら、ヘタらない発泡系の良さや安全性、100%リサイクル可能な特性をもそなえたパーフェクトバリアがより優れた断熱材と思っています。





▼ホーム | ▼断熱材ご案内 | ▼断熱材Q&A | ▼お取引・お問い合せ | ▼資料ダウンロード | ▼販売代理店・施工会社 | ▼会社概要 | ▼プライバシーポリシー