ホーム  >  断熱材事業  >  結露に対する考え方

パーフェクトバリアの結露に対する考え方

パーフェクトバリアの結露に対する最大の特徴は、透湿性が高く、湿気を吸わない点にあります。
冬場に壁体内に進入した湿気は、パーフェクトバリアを透過し、自然に外部通気層で屋外に排出されます。結露は、行き場を失った水蒸気が壁の外壁側で飽和水蒸気点に達し、水になることですが、通気層等で外部に解放された状態であれば、水蒸気は外部に拡散され結露の可能性が低下します。その点で外部通気層は、大変重要です。パーフェクトバリアは独自のパンタグラフ構造で、空気分子よりはるかに小さい水蒸気をスムーズに外部に排出することが可能です。その点グラスウールは、接着剤にフェノール樹脂を使用しますが、フェノール樹脂は湿気を吸い分解しやすい物質です。又、通常グラスウールは、ポリエチレンの袋に入っており、水蒸気が一度進入したら抜けにくい状態になり、袋の中で結露します。
寒冷地などの室内外の温度差が激しい場所では、壁体内に進入する水蒸気量が、外部に排出される水蒸気量を超え、結露の可能性が高まりますが、断熱材を隙間なく充填し、室内側に防湿層をもうけ、外部通気層をもうけることで、壁体内の水蒸気量を抑え、結露を抑制します。地域ごとの気候にあわせた施工が大事です。
断熱材は、それ自体が湿気を吸わないで、湿気の外部への流れを止めないことが重要です。
又、結露は、断熱材だけでなく、壁構造や住む人の生活スタイルで大きく影響されます。室内で水蒸気を発生させる暖房器具は使用しないのはもちろん、室内の充分な換気が大切であり、室内の湿気を壁に進入させない心がけも必要です。



戻る



▼ホーム | ▼断熱材ご案内 | ▼断熱材Q&A | ▼お取引・お問い合せ | ▼資料ダウンロード | ▼販売代理店・施工会社 | ▼会社概要 | ▼プライバシーポリシー